2012年04月08日

【映画】宇宙戦艦ヤマト2199を観てきました!

みなさま、こんにちは。
原田元気はいつも元気です。

今日公開の宇宙戦艦ヤマトの新作を観てきました!
近くの映画館(私はいつも池袋の映画館でもっぱら映画を鑑賞しております)では上映されていなかったので
やむなく新宿ピカデリーへ。

T0013266.jpg

が!
不当なことに満席だったので、あきらめ…


ることは決してなく!

横浜ブルク13へ。

まず、これだけは言っておきたい。スタッフのみなさまにこれだけは言っておきたい。

こういうヤマトが観たかった!
ありがとう
と声を大にして言いたい。

復活編、実写編、と映画の体すらなしていない愚作を見てきて、心底、もうヤマトは過去のものになってしまったのだ、と思っていましたが、本当にいい出来でした。

まず、旧作よりずっと良くなったなあと思った点。
1.絵がすごく今風になった。
これは別に良くなった、というわけではないのですが、今の綺麗な絵に慣れている若い人々にもすごく薦めやすくなったと思います。私自身はそれほど絵にこだわりがあるわけでないのですが、さすがに旧作の第一作はやっぱり古い時代のアニメだなあ、と思わざるを得ないので。

2.設定がすごく細かくなった。
昔見ていて、ここってなんでこういう流れになったの?って思ったりしたところがことごとく補完されて説得力のあるものになっていました。波動エンジンがそんなに早く作れるはずがない、とか、軍隊なのに完全に馴れ合いだろこいつら、とか、なんで乗組員が日本人ばっかりやねん、とか。詳しくは映画、あるいはアニメを見てくださりませ。

次にやっぱりヤマトはこうでなくては、と思った点。
3.音楽と効果音が原作のものにもどった。
主砲の音、劇伴はやはり原作のものでないと。というか、復活篇がひどすぎました。
復活編はヤマトはあんなにたくさんの名曲があるのに、なぜわざわざクラシックの曲を使うのか。理解ができなかったのですが、今回は原作のスコアが再現されていて本当に安心しました。

ちょっとえっ?と思った点。
4.古代が好青年すぎる。
なんか、もうちょっと噛み付いた感じの、幼い部分があっても良かったのではないかと。ヤマトは古代の成長物語でもあったわけですから。

5.劇伴のドラムがちょっとチープな気がする。
今回の劇伴、元々の作曲者の実子であるところの宮川彬良氏が原曲のスコアを耳コピして再現したらしいですが。なんだか軽すぎて打ち込みっぽく聞こえるんですよね。あとミックスが全体的にオ−ケストラっぽい方が(ストリングスがもっと前に出た方が)良かったのではないかと。これは好みの問題もあるとは思いますが。

これはない、と思った点。
6.ささきいさおの歌い方が明るすぎる。
映画の最後にあの主題歌が流れたわけですが、男性アカペラの「さらば〜地球よ〜」で、おっと思ったその次のフレーズから、なんかちょっと浮いた感じのささきいさおの声が大きくなってきて、「地球の彼方〜」からの歌い方なんて、極端な言い方をすると「ちっきゅうっのかなたっ♪いっすかんだるへっ♪」て聞こえたのは私だけなんですかね?

結局最後はダメだしで閉めてしまった…。
でも、満足度は非っ常〜に高いです。あえて点数をつけるとすれば、原田元気のヤマト贔屓もこめて92点くらいかな。これは是非見たことない人も見に行って欲しい。(来年、アニメで放送するらしいのでそれでもいいと思いますが。)

今日は本当に気分のいい原田元気なのでした。

映画映画映画



宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [DVD]
バンダイビジュアル (2012-05-25)
売り上げランキング: 53

posted by tms.genkh at 01:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

宇宙戦艦ヤマトの実写版見てきた、という話

みなさま、こんにちは。そしてお久しぶりです。原田元気はいつも元気です。

さて、今日は久々に見に行った映画の話。
なんだかTVとかでもバカバカCMをやっているらしいキムタク主演のヤマト実写版です。



私は大のヤマトファンなのですごく楽しみにしてました。
前情報では、キムタク主演でゲッと思っていたのですが、トレーラー↑を見て結構かっこいいヤマトの雄姿が拝めそうな感じだったので、行くことにしていたのです。

公開初日の朝から見たのですが、映画館に入ると3分の1くらい席が埋まってる感じで客層は中年のおっちゃん、おばちゃんが多かったです。

で、感想。
良かった点。
 ・やっぱり迫力があった。映画館で見て正解。
 ・ガミラス艦のデザインがアニメとはだいぶ違っているけれど
  それがまたいい感じの味を出している。
 ・キムタクは(私はキムタクのアンチ)相変わらずキムタク臭がぷんぷんしていたけれど、
  意外と古代進のキャラにはまっていた。
 ・真田さんの役者の人がいい感じに真田さんぽかった。
 ・相原役の女の子がかわいかった。

まあ及第点かな、と思った点
 ・細々した設定の変更、ガミラスの正体とか、男のキャラが女になっているとか、
  は気にならなかった。
 ・音楽。あんまり印象に残らなかったけれど、悪くはなかった。ただ、宮川先生の曲が
  ないとやっぱりヤマトって感じがしないなあ。
 
ちょっと残念だった点
 ・戦術がどう考えても波動砲とワープに頼りすぎ。主砲の立場がない…。(私は主砲の発射シーンが大好きなのです…。)
 ・艦長の役者の人があまりにも威厳がない。
 ・砲撃戦のシーンが少なすぎる。せっかく迫力のある映像なんだからもうちょっとサービスしてほしかったです。
 ・主題歌は何故に?って感じ。真っ赤なスカーフでいいじゃん。というかそれしか認めない。



致命的だった点
 ・数ヶ月に渡る長旅だったはずなのにそれが全く長旅だった、と感じられない。映画を通して見て、ほんの数日で行って帰ってきたように感じられてしまう。そのせいで、至るところに散りばめられた原作の名台詞が全部重みがなくなってしまって興ざめしてしまう。原作を見てる人なら補完できるけれど、初めてヤマトを見た人は??ってなっちゃうんじゃないだろうか。
 ・いろんなものを詰め込もうとしていてどれも中途半端な感じ。個人的な意見を言わせてもうとキムタクとメイサのラブシーンは一つも要らない気がする。逆にこの2人の恋愛を描くのだったらこの2人が絡むシーンをもっとたくさん増やさなきゃ駄目なんじゃないだろうか。

 と、感想を書いてみましたが、やっぱり好きな作品だと辛口になってしまいますねー。68点、といったところか。でも、映画の日で1000円だったし、ま、いいか。

 みなさんも、宇宙戦艦ヤマト見てください。でも1stシリーズだけでいいです。この映画は見なくても損はしないと思います。
  
映画映画映画

超合金魂 GX-57 宇宙戦艦ヤマト (初回特典付き)
超合金魂 GX-57 宇宙戦艦ヤマト (初回特典付き)
バンダイ 2010-11-27
売り上げランキング : 198


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by tms.genkh at 12:56 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。