2017年08月26日

僕と音楽、の話

みなさま、こんばんは、原田元気はいつも元気です。

sound creater と言うにははばかられるものの、毎日何らかのメロディを作ったり妄想したりしているとこのメロディのルーツはどこにあるのだろう、と思うことが時々あります。整理して考えていくと3人の作曲家が思い当たりました。
その3人というのは、すぎやまこういち、宮川泰、湯山昭です。

すぎやまこういちは言うまでもなくドラクエの人です。
小学生のときファミコンを買ってもらえなかった僕は友達の家に入り浸ってドラクエしていた僕は(今考えてみると相当に迷惑な話です)その世界観におおいに魅了されたのでした。ファミコンの音源は最大4和音、うち一つはノイズ(打楽器用)で、その上、呪文とかの効果音が入ると4声のうち1声が効果音用に持っていかれる、という素敵な仕様だったのですが、あのビット絵とサイン波の音源が僕を高揚させたことか!
その当時はオケでファゴットを吹くことになろうとは全く思っていなかったわけですが、その音楽がなければ今ここにはいないんだろうな、と強く思います。
いつかやってみたいけど、よく考えたらファゴットではあんまりおいしくないかも...?


宮川泰は宇宙戦艦ヤマトの人です。
夏休みの午前中に放映される夏休み子供劇場的なもので宇宙戦艦ヤマトに夢中になった僕は1stシーズンから映画、完結編まで(その当時はまだあの悪名高い復活編もキムタクの実写版もなかったのです。)すべて繰り返し見た僕は完全に彼の音楽に夢中でした。2199の彬良さんの曲も好きだけど、ヤマトの曲ってクラシックというよりもっとロックとかファンクに近いイメージなんです。新しいヤマトでも、例えばコスモタイガーみたいな曲がもっと聞きたいなあ、と思ったりします。


湯山昭は、誰でも知ってる曲というと「おななしゆびさん」とかが思いつきます。
小学生の時、初めて市の合唱団に入って歌った曲が彼の「小さな目」という曲でして、不思議な感じのコードが印象に残っています。今聞くとなんかちょっとフレンチな感じがします。猫の目みたいにコロコロかわるのがとても好きです。そういえば最後の曲で、「僕達のおしめをたくさん洗ったからだ」というフレーズがあるのですが、その当時先生が、「おしめを」というのは少し恥ずかしいでしょ、だからちょっと恥ずかし目に歌うんだ、と言われたの思い出しました。確かに楽譜にはそこまではfで、その箇所にはmp、そして<>という松葉があったのだと記憶しています。なんだか今思うと書き方がブラームスっぽいなって思ったりするのでした。

今日はなんだか個人的な思い出話になってしまいました。でも、自分が書いた曲を聴くとなぜか彼らの曲が浮かんでしまうのです。まだまだ修行は果てしなく続くんだな、と。



日本の合唱名曲選(27) 湯山昭作品集3 コタンの歌、小さな目、愛の河、湯山昭作品集3 -
日本の合唱名曲選(27) 湯山昭作品集3 コタンの歌、小さな目、愛の河、湯山昭作品集3 -
posted by tms.genkh at 00:43 | 東京 ☁ | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更新おめでとうございます。
久々に覗いてみたら幾年かぶりに見慣れぬ文章が並んでいたので
八度見くらいしてしまいましたよ。

ともあれまた読めて嬉しい!
これからも陰ながら拝見しときます。

Posted by 原田元気の友人A氏 at 2017年09月01日 21:00
がんばれ!b
Posted by きゅうり at 2017年10月07日 11:54
新曲まだですか?
期待してます。
Posted by マンチカン at 2017年11月06日 14:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。