2009年10月09日

空港で迷子、という話2

 みなさま、こんにちは。
原田元気はいつも元気です。

 さて、ターミナル1かターミナル2か。一世一代の賭けに出た私達は結局、二人に接触できる可能性の高いターミナル2で待つことに。

 ちなみに、ターミナル1とターミナル2は目視で確認する限り、軽く1kmほどは離れており、もし仮に連絡のとりようのないS氏がターミナル1から出てきて、F氏がターミナル2から出てきたら、S氏は何をすることもできずさようならという非常に悲しいことになってしまいます。
IMG_3287.jpg
 待つこと1時間。夜も遅く、国際空港の浦東とはいえども、人通りは非常に少ないです。もし神経の相当に太いF氏はともかくS氏を捕獲しそこねたら…、恐ろしくて口にも出せません。

 ターミナル2の出口を凝視する私達。わらわらと東京からの便のお客さんが出てきます。
 本当は早めに空港について久々の珈琲なんぞを堪能しつつ、落ち着いて待つ予定だったのですが、珈琲の味なんて覚えちゃーいません。

 と、そんなことをしたり、考えているうちに、
あからさまに挙動の怪しい人物が一人
一日千秋(?)の思いで待ったS氏です。

 聞けば、出口の前の検閲のところでF氏と待ち合わせだったようですが、F氏がいつまでも出てこないので意を決して出口に向かった、とのこと。

 結局、S氏はターミナル2にF氏はターミナル1に着いた、というオチがついたわけです。

 みなさまにおかれましては、国際空港を利用される際には、
航空会社と便名、発着時間、発着空港名をきちんと確認する
ことを強くお奨めいたします。

 この日、実は私とP氏はターミナル1とターミナル2の間を2往復することになったのでした。

飛行機飛行機飛行機


迷子の大人たち (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)
ジェイン・アン クレンツ
二見書房
売り上げランキング: 302306
おすすめ度の平均: 4.0
3 ライト
4 痛快なロマンス
5 お奨めします!


posted by tms.genkh at 11:13 | 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129869526

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。