2012年10月14日

【音楽】宇宙戦艦ヤマトOPの考察

みなさま、こんにちは。
原田元気はいつも元気です。

 つい昨日、映画「宇宙戦艦ヤマト2199第三章」を観てきました。旧作にない新エピソードも盛り込まれなかなか楽しめました。
 さて、今日はそんな宇宙戦艦ヤマトのOP曲について。
2199の第一章を観た時からなんだかOP曲がダサくなったな、スピード感がなくなったな、と感じていたのですが、今日新旧比較してみてようやくその謎が解けました。
 まずはこのリンクを。

↑新

↑旧

【事実1】実際にテンポ設定が遅くなっている
メイン部分のテンポが旧作が144なのに対し、新作は133。おそらく映像との都合で遅いテンポに設定されたのでしょうが、楽曲のテンポは時代を経るに従ってアップなものが支持されるようになるらしい(とある先生談)のでよりダサさが強調される結果になっているのではないでしょうか?

【事実2】オケの演奏が優等生な感じになっている
特にブラス・セクションの吠え方がもの足りなく感じます。ミックスも全体的に落とし目にしてあるようなので余計にそうなのかもしれません。映画本体も人物像も(特に古代君とか)、熱血バカ⇒優等生キャラに変更されているので映画全体にはあっているのかもしれないけど、...個人的にはちょっと寂しい。

【事実3】ささきいさおの歌が...。
ささきいさおさん、大好きです。でも、やっぱりちょっとお年を召されすぎたのでは。全体的に不安定感満載に聞こえます。

【私の結論】
@テンポは元の方が良い。(映像を曲に合わせるべき)
A歌手は実力のある若手を探してくるべき。

【余談】
途中で流れてきた真っ赤なスカーフ、なんか昔に比べてテンポアップしたような...?
だけど、うっかり涙が出そうになりました。やっぱり名曲だ....。
第4章も楽しみです。

CDCDCD


宇宙戦艦ヤマト ヤマト・ザ・ベスト2
アニメ主題歌 ささきいさお 堀江美都子 ミュージカルアカデミー ロイヤル・ナイツ
日本コロムビア (2004-12-22)
売り上げランキング: 66709

posted by tms.genkh at 20:33 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

【映画】宇宙戦艦ヤマト2199を観てきました!

みなさま、こんにちは。
原田元気はいつも元気です。

今日公開の宇宙戦艦ヤマトの新作を観てきました!
近くの映画館(私はいつも池袋の映画館でもっぱら映画を鑑賞しております)では上映されていなかったので
やむなく新宿ピカデリーへ。

T0013266.jpg

が!
不当なことに満席だったので、あきらめ…


ることは決してなく!

横浜ブルク13へ。

まず、これだけは言っておきたい。スタッフのみなさまにこれだけは言っておきたい。

こういうヤマトが観たかった!
ありがとう
と声を大にして言いたい。

復活編、実写編、と映画の体すらなしていない愚作を見てきて、心底、もうヤマトは過去のものになってしまったのだ、と思っていましたが、本当にいい出来でした。

まず、旧作よりずっと良くなったなあと思った点。
1.絵がすごく今風になった。
これは別に良くなった、というわけではないのですが、今の綺麗な絵に慣れている若い人々にもすごく薦めやすくなったと思います。私自身はそれほど絵にこだわりがあるわけでないのですが、さすがに旧作の第一作はやっぱり古い時代のアニメだなあ、と思わざるを得ないので。

2.設定がすごく細かくなった。
昔見ていて、ここってなんでこういう流れになったの?って思ったりしたところがことごとく補完されて説得力のあるものになっていました。波動エンジンがそんなに早く作れるはずがない、とか、軍隊なのに完全に馴れ合いだろこいつら、とか、なんで乗組員が日本人ばっかりやねん、とか。詳しくは映画、あるいはアニメを見てくださりませ。

次にやっぱりヤマトはこうでなくては、と思った点。
3.音楽と効果音が原作のものにもどった。
主砲の音、劇伴はやはり原作のものでないと。というか、復活篇がひどすぎました。
復活編はヤマトはあんなにたくさんの名曲があるのに、なぜわざわざクラシックの曲を使うのか。理解ができなかったのですが、今回は原作のスコアが再現されていて本当に安心しました。

ちょっとえっ?と思った点。
4.古代が好青年すぎる。
なんか、もうちょっと噛み付いた感じの、幼い部分があっても良かったのではないかと。ヤマトは古代の成長物語でもあったわけですから。

5.劇伴のドラムがちょっとチープな気がする。
今回の劇伴、元々の作曲者の実子であるところの宮川彬良氏が原曲のスコアを耳コピして再現したらしいですが。なんだか軽すぎて打ち込みっぽく聞こえるんですよね。あとミックスが全体的にオ−ケストラっぽい方が(ストリングスがもっと前に出た方が)良かったのではないかと。これは好みの問題もあるとは思いますが。

これはない、と思った点。
6.ささきいさおの歌い方が明るすぎる。
映画の最後にあの主題歌が流れたわけですが、男性アカペラの「さらば〜地球よ〜」で、おっと思ったその次のフレーズから、なんかちょっと浮いた感じのささきいさおの声が大きくなってきて、「地球の彼方〜」からの歌い方なんて、極端な言い方をすると「ちっきゅうっのかなたっ♪いっすかんだるへっ♪」て聞こえたのは私だけなんですかね?

結局最後はダメだしで閉めてしまった…。
でも、満足度は非っ常〜に高いです。あえて点数をつけるとすれば、原田元気のヤマト贔屓もこめて92点くらいかな。これは是非見たことない人も見に行って欲しい。(来年、アニメで放送するらしいのでそれでもいいと思いますが。)

今日は本当に気分のいい原田元気なのでした。

映画映画映画



宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [DVD]
バンダイビジュアル (2012-05-25)
売り上げランキング: 53

posted by tms.genkh at 01:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

頭が痛いです。

みなさま、こんばんは。
原田元気です。

20111117_自室作業部屋.jpg

最近は、頼まれている曲の納期が迫っていて、家に帰るとだいたい寝るまでPCをポチポチとやりながら頭を痛めておる次第です。

同じ曲を延々ループしながらバランスをとったり、新しいメロディを打ち込んだり消したりしているとだんだんと全体の音量が大きくなり、気がつくと頭がガンガンして、集中力も切れ、...というようなことを毎日繰り返しているわけです。

思えば曲を作るスタイルというのはコンポーザーそれぞれ違うわけですが、最近の私はPCの左においてあるムダに大きい88鍵のMIDIキーボードでポロポロと適当に弾き散らし、良い感じのメロディが思いついたらパソコンにリアルタイム録音してそれをマウスでポチポチコピーしたり刻んだりして曲を作ってます。

そうすると作業中は四六時中密閉型のヘッドホンをしているわけでして。

スピーカーで音を出せるといいんですが、やはり家の密集している東京の住宅事情ではいたしかたありますまい。どうしても頭がいたくてたまらない場合はこうやってブログを書いたり(ほとんど最近更新してないけど。)tweetしたり、facebookやmixiを眺めたりして気分転換することにしましょう。

今週末がまさに山場。

病院病院病院


posted by tms.genkh at 18:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

Amazonデビューです!

みなさま、こんばんは。
原田元気はいつも元気です。

さて、今日はニュースです。
知らない間に、私の書いた曲のCDがアマゾンで売られてました。

20110524_裏テーマ.jpg「ムーンストーン裏放送局」という某ゲーム会社の非公式情報ラジオの主題歌が先月CD化されたのですが、
まさかAmazonで売られているとは!
これぞネット社会の醍醐味?、なのでしょうか?

お金と本棚と心に余裕がある方はぜひポチってくださりませ。

ついでに先日このラジオに出演してきました。なんだか、完全にアウェイな感じ&すごくせわしない感じになってしまっていますが、こちらも是非聞いてやってください。

そういえば以前ラジオをやってたけど日本に帰ってきたからさっぱりやめてしまったな、といまさらながらに思い出した原田元気なのでした。

音楽音楽音楽


ウラテーマ
ウラテーマ
posted with amazlet at 11.05.24
みるく
MOONSTONE裏放送局 (2011-05-01)
売り上げランキング: 43349


posted by tms.genkh at 21:20 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 新曲情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

賞味期限は意味があるかも、という話

みなさま、こんにちは。
原田元気はいつも元気です。

賞味期限って気にしている人は意外と少ないのではないか、
と考えていました。

何を隠そう、この私は賞味期限をまったく気にしない人なのです。
「賞味期限よりも自身の舌と鼻を気にしなさいよ」
と考えているわけですが、

最近ちょっと味にうるさくなったのかなんなのか、
同じ商品でも、買ってきたばかりのものと、賞味期限間近なものとでは
やっぱり味が違うのでは…?
と思ってきたわけです。

(むろん生鮮食品は別ですよ〜
明らかに傷んでいるものはわかります、さすがに。)


今日はそばを食べました。
賞味期限が切れかけの。

なんだか妙な匂い(ちょっと酸っぱい感じ?)がたちこめてきて…。
まあ、そこで中止せずに最後まで食うのが原田元気クウォリティなわけですが。

食べたら普通でした。途中で捨てなくてよかった…。


あれ、賞味期限が意味はあるかも?っていう話はどこに?
人の話しを聞きながらだとやっぱりよくまとまらない文章になるなあ
と思ったり思わなかったりする原田元気なのでした。

ふらふらふらふらふらふら


食品表示・賞味期限のウラ側―食品の読み方「常識・非常識」
岩館 博人
ぱる出版
売り上げランキング: 611059

posted by tms.genkh at 18:06 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。